上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.11 旅立ち
昨日ipod聞いてたら、GReeeeNの。まぁかなり昔の曲かもね。

旅立ちきいて。。なついー!ってなったので今日の歌詞^-^





旅立ち/GReeeeN




午前0時 明日 旅立つ君へ

僕の気持ち 手紙に託すよ

朝焼け いつもの駅でただ「気をつけて」と

笑えるように yeah



人生の目標進む君へ 後ずさりなんてできないリレー

泣いて帰ったら許さねー! 踏ん張れ!頑張れ!まだ知らない地で

人生の1ページ刻む旅路 「不安」と「孤独」で少し寂しい

でもそれは僕も同じだから 笑顔で送り出すと決めたから



あれは去年 春の出来事で

駅のホームで 君にぶつかって

スゴイ法則 見つけ出せたんだよ

「恋に落ちる=時間じゃない」



夕暮れ色染まる君の自転車を 2人乗り駅まで

笑い 走れたのは今じゃ昔



明日 旅立つ君へ 

僕の気持ち 手紙に託すよ

朝焼け いつもの駅でただ「気をつけて」と

笑えるように



あの日 君が いつものデートで

僕に 「あのね、言いづらいんだけど、、、、」

夢を求めて 旅立つと言ったね

君の涙と共に



夕暮れ色染まる君の横で 肩を落とすのは もう止めた!

「行っておいで!」と 涙こらえ



2人のキョリを 埋める言葉を 捜し選んで 君に送るよ

隣でいつも 笑ってた君 でも大丈夫 わかっているよ 君が好きだから



小さな手に 大きなカバンを 抱え 君は

「少しの間、、、」と

朝焼け いつもの駅にホラ 桜の花びらが舞い降りた



午前0時 明日旅立つ君へ

僕の気持ち 手紙に託すよ

朝焼け いつもの駅でただ「気をつけてと」

笑えるように 「またね」と言えるように



人生の目標進む君へ 後ずさりなんてできないリレー

泣いて帰ったら許さねー! 踏ん張れ!頑張れ!まだ知らない地で

人生の1ページ刻む旅路 「不安」と「孤独」で少し寂しい

でもそれは僕も同じだから 笑顔で送り出すと決めたから



スポンサーサイト
今日ゎいきものでーす!

笑ってたいんだ。。。あれです。CMセレナのやつです。





笑ってたいんだ/いきものがかり



ヒーローなんていらないよ ぼくはきみの言葉が欲しい
ありふれた道に咲かせよう ただ優しく強い 花
ぼくらが“ぼくら”に託す あこがれで埋めた地図に
やぶれるほど書き足すよ “こたえ”のない明日を

誰かのために笑ったり 誰かのために涙して
はみだしていく感情が きみを強くさせるよ
かたちあるもののなかに すべてがあるわけじゃない
この夏空にいどむよ 無鉄砲でも飛び込むよ

きみに今 伝えたいことがあるんだ ほら
この手で 未来を つなごう

笑ってたいんだ ぼくはずっと 見つめてたいんだ きみとずっと
一歩 踏み出すよ 一歩
進むんだ 変わるんだ そう ぼくら どこにだっていけるよ 希望が咲く場所へ
あきらめないんだ ぼくはずっと だきしめたいんだ きみをずっと
一歩 届くんだ 一歩
動くんだ 願うんだ そう ぼくら あたらしいひかりをかかえて歩き出すよ

とまらない時間のなかで たしかなものをさがしてる
この一瞬を永遠にするのはぼくのこころさ
扉をひらくその手に 絶えることなき勇気を
“はじまり”またくりかえす 出逢いの風向き合うよ

きみと今 叶えたいことがあるんだ ほら
この手で 未来を つくろう

笑ってたいんだ ぼくはずっと しんじてたいんだ きみをずっと
一歩 つづけるよ 一歩
守るんだ 誓うんだ そう ぼくら 誇らしい自由をみつけて歩き出すよ

“しあわせ”の意味を 生まれいく日々に なんども 紡ぎだすよ
きみがいるんだ ぼくがいるんだ

「はじめよう」

笑ってたいんだ ぼくはずっと 歩いてたいんだ きみとずっと
一歩 ほんとうの 一歩
うたうんだ つなぐんだ そう ぼくら どこにだっていけるよ 希望が照らすほうへ

笑ってたいんだ ぼくはずっと 笑わせたいんだ きみをずっと
一歩 こころから 一歩
進むんだ 変わるんだ そう ぼくら 大きく息を吸って この瞳をひらいたんだ
あたらしいひかりをかかえて歩き出すよ
2011.09.02 ホログラム
きょおおわあああ!はがれんのopです^q^

大好きちゃんにこちゃんです!





ホログラム/NICO Touches the Walls




真っ白な景色に今誘われて
僕は行くよまだ見ぬ世界へ

迷子のまま旅していた鼠色の空の下
日替わりの地図
いくつもの夢が滲んでいた
いつかはさ ちっぽけな僕のこの歩幅でも
あの雲の向こうまで行けるかな
強がって キズついた
心透かしたように
降り出した雨粒たちが
乱反射繰り返す

まっすぐな光が交差して
行き先も告げぬまま
どこまでも突き抜ける
淡い残像両目に焼きつけて
届くはずなんだまだ見ぬ世界へ

知らず知らずに貼っていたのは
白黒のステッカーで
大事なモノ 僕らは隠してしまっていた
だからもう地より 花より星の明かりより
綺麗な夢という名のホログラムを ざわめきを
はみ出して 逆らって
いつか描いた風景
悔しさも 寂しさも
今泡みたいに弾け飛ぶ

まっすぐな道で躓いたって
かさぶた剥がれたら
今よりきっと強くなれる
真っ白な景色に今誘われて
僕は行くよまだ見ぬ世界へ

霞む空の先に 虹色の光
明日の影に 震えるたびに
遠くで僕を呼ぶ声がして

まっすぐな光が散らばって
雨上がりの午後に
束になって降り注ぐ
無限のグラデーションが
今混ざり合って
この空の下どんなとこにいても
必ず届くはずさまだ見ぬ世界へ
2011.08.29 キャンバス
今日の歌詞こちゃんゎあにめのリボーンのedです^q^

今度カラオケでうたおっと^-





キャンバス/+Plus



僕らはみんな"自分らしさ"という名の筆を持ってるんだ
ほら少しの勇気でどんな色にも変えてゆける想いを描こう

この空はどこまで続く? 僕らの知る世界は狭くて
誰かの助け求める声聞こえぬふりして
争うことで存在価値 確かめては疑念を抱き
違いを「個性」じゃなく「敵」と決めつけては突き離し
人との関係は支配で結ばれてゆくものじゃなくて
手と手をつなぎ声を聞くんだ

彩る世界 憎しみあうことはない 綺麗に交われるから
無駄な命なんてない 互いに認め合い
無限に広がるキャンバスは希望に染まってく
僕らはみんな"自分らしさ"という名の筆を持ってるんだ
ほら少しの勇気でどんな色にも変えてゆける想いを描こう

何のため産まれてきたか 答えなんてどこにもないけど
こうして当たり前の日々に 潜んでる奇跡
光の裏に影があり 綺麗ごとばかり語れない
ともなう怒りや悲しみ 目を逸らさずに向き合い
痛みを知ることで優しさ 許しあうことができたなら
明日はもっと笑えるはず

彩る世界 憎しみあうことはない 綺麗に交われるから
無駄な命なんてない 互いに認め合い
無限に広がるキャンバスは希望に染まってく
僕らはみんな"自分らしさ"という名の筆を持ってるんだ
ほら少しの勇気でどんな色にも変えてゆける想いを描こう


彩る世界 憎しみあうことはない 綺麗に交われるから
無駄な命なんてない 互いに認め合い
無限に広がるキャンバスは希望に染まってく
僕らはみんな"自分らしさ"という名の筆を持ってるんだ
ほら少しの勇気でどんな色にも変えてゆける想いを描こう





2011.08.26 ボクノート
今日ゎ昔のどらえもんの映画の主題歌で。

すきますいっちから、。ぼくのーと。




ボクノート/スキマスイッチ




耳を澄ますと微かに聞こえる雨の音
思いを綴ろうとここに座って言葉探してる

考えて書いてつまずいて消したら元通り
12時間経って並べたもんは紙クズだった

君に伝えたくて 巧くはいかなくて
募り積もる感情は膨れてゆくだけ
吐き出すこともできずに

今僕の中にある言葉のカケラ
喉の奥、鋭く尖って突き刺さる
キレイじゃなくたって 少しずつだっていいんだ
この痛みをただ形にするんだ

何をしても続かない子供の頃の僕は
「これぞってモノ」って聞かれても答えに困っていた
そんな僕にでも与えられたものがあると言うんなら
迷い立ち止まった自分自身も信じていたいな

僕がいるこの場所は少し窮屈だけど
愛に満ちた表情でぬくもり溢れて
そして君の声がする

足元に投げ捨てたあがいた跡も
もがいてる自分も全部僕だから
抱えている想いをひたすらに叫ぶんだ
その声の先に君がいるんだ

耳を澄ますと確かに聞こえる僕の音
空は泣き止んで雲が切れていく

今僕が紡いでいく言葉のカケラ
一つずつ折り重なって詩(うた)になる
キレイじゃなくたって 少しずつだっていいんだ
光が差し込む

この声が枯れるまで歌い続けて
君に降る悲しみなんか晴らせればいい
ありのままの僕を君に届けたいんだ
探していたものは、目の前にあった


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。